交通事故関係

交通事故関係 会津鶴城法律事務所

ある日突然、交通事故の被害者や加害者として、交通事故トラブルの当事者に。
被害者となれば、治療や仕事、家庭への対応だけでも大変なのに、加害者や保険会社の対応にいらだちを覚えることも多いはずです。保険会社が提示する賠償額も適正なものか、判断がつかないでしょう。
他方、加害者となれば、早期に円満な解決を望んでいるにもかかわらず、感情対立が激しく、なかなか思うように話が進まないことが多いでしょう。保険会社が間に入ってくれたとしても、それだけで解決するわけではありませんし、場合によっては刑事事件になることもあります。
当事務所では、交通事故から発生する様々な法的トラブルに対して、20年間、100件を超える実績に基づき、きめ細やかなサービスを提供したいと考えております。
例えば次のような場合も含め、お気軽にご相談下さい。

交通事故について

  1. 治療費、休業損害を打ち切られた
  2. 後遺症が残ってしまった
  3. 示談案が提示されたが応じて良いのか迷っている
  4. 交通事故を起こしてしまったがどんな責任を負うのか
  5. 事故を起こして刑事事件になるといわれた
  6. 事故を起こしたら車の免許はどうなってしまうのか
  7. 子どもが自転車で怪我をさせてしまった